お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ X(旧Twitter)公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

PICKUP

鄭 光誠・矢島八雲・神木彩良


キメ画像1

さらに豪華になったミュージカルシーン。物語の伏線も絡み最後まで目が離せない!

乱世に立ち上がる1人の剣士。「大切なモノに気付いた時、人は本当の強さを手に入れる」

コメディタッチのストーリーに、ダンス、殺陣、ミュージカルなど、“何でもあり”の舞台を作ってきた劇団オモテナシが贈る第5回公演は、戦国時代が舞台だ。剣豪を夢見るも、剣術のセンスもかけらのない青年『月翼(つばさ)』は女剣士の心羽(あいは)と出会う。「私の事を守って」とだけ残し、姿を消した心羽。月翼は行方を捜す中で真実を聞かされる……。同劇団にとっては初の剣客芝居。毎公演の見所ともなるミュージカルシーンはどう表現されるのか? また新たなサプライズは!? 作・演出の鄭 光誠、キャストの矢島八雲、神木彩良(劇団オモテナシ)と共に本作への意気込みを語ってもらった。


インタビュー写真

ミュージカルシーン増やしました!

――― 劇団オモテナシさんで時代モノは初めての試みでしょうか?

鄭「今までは現代劇が多かったのですが、今回は和テイストのファンタジー要素が入った作品になります。ストーリー的には世界一の剣豪を目指すもなかなか強くなれない男が、道場である女性剣士と出会うも、その子にも勝てなくて自暴自棄になっている時に、その子が『じゃあ私を守ってよ』と言い残して失踪してしまうんですね。後にその失踪した理由が分かって主人公が...というお話です。小さな社会に生きる葛藤や弱い部分を持つ人間が、希望を胸に明日を生きていくという作品に仕立てるつもりです。今回は殺陣のシーンもふんだんに入れています。まだ詳細は話せませんが、2つやりたい事を盛り込んでいて、共に人の生死とタイトルにも関わる内容です。それを観たときに、『あ!それでこのタイトルか』ということが分かると思います。毎公演に入れているミュージカルのシーンも1曲増やして全4曲を予定しているので、もっと頑張らなきゃという感じです」

矢島「入団は去年の12月ですが、1作目から客演として出させてもらっていました。剣客モノの舞台は初なので、楽しみではありますよね。もともと剣道をやっていて2段を持っていますが、殺陣となるとまた違いますからね。自分としては敵側がやりたいですね。今までは主人公やその周りが多かったので、間逆の事に挑戦してみたいです」

鄭「その通り悪役です。おめでとうございます」

矢島 「おっ! みるもんですね(笑)こうなったら最強の悪役を目指します!ミュージカルのシーンにも殺陣の要素が入っているようなので、かっこよく振舞いたいなと」

神木「私も殺陣は全く初めてなので、どれだけ刀のシーンが盛り込まれているか楽しみですね。遊女的なポジションがあると聞いているので、殺陣のかっこよさだけでなく、女性にしか出せない華やかさも加えたステージになりそうです」

インタビュー写真

客席まで舞台が広がっています>

――― 劇団オモテナシさんの特色はどういうところがありますか?

矢島「例えば、紙吹雪が客席に向けて吹き付けるなど、臨場感あふれる演出ですね。舞台からでもお客さんの驚く表情が見て取れるのは面白いですよね。それによって客席にも舞台が広がっているという一体感が増すと思います。あとミュージカルシーンでもいきなりすごい音が出て始まるので、お客さんは油断できませんよ(笑)あとはストーリーの複線が沢山あることでしょうか。すべてのキャストにきちんと人生があるので、感情移入がしやすいと思います」

鄭「それって俺に書けっていうこと!? プレッシャーだな」(一同笑)

矢島 「そこはきちっと作ってくれると期待しています(笑)。今までもストーリー序盤と終盤で全く人物像が変わっているキャラクターもいたりして、演じる側からも魅力的な舞台になると思うので、今回も楽しみにしています」

神木「確かに前作の『未来電車』から涙されるお客さんが増えた気がします。明るいミュージカルを転機に、ジェットコースターのように一気に違う空気へと舞台を巻き込んでいく演出はすごいですよね。子供の頃からずっとバレエをやってきたので、ミュージカルシーンはやっぱり好きです。主人公の感情を表現した演舞は、ステージ上だけでなく客席も巻き込んでいく力があるので、それはオモテナシらしいなと思います。今回は1曲、私が振り付けを担当しているので、そこにも是非注目してもらいたいです」

インタビュー写真

楽曲もトリハダものの素晴らしさ!

――― 今回もミュージカルが1つの核となりそうですね。

鄭 「なるべくお客さんに共感、感動してもらい、『明日も頑張っていこう』という気持ちになって帰ってもらえるような作品にしたいと思っています。特に今回は日頃から当たり前に周囲にいる人への感謝みたいな思いも込めているので、この作品を観終ったあとに誰か近しい人に優しい言葉をかけてあげようかなという気持ちになってもらえたらと嬉しいですね。今後は思い切って完全なミュージカル作品を作ってみようかなという思いもあります。本場のオフ・オフ・ブロードウェイも狙えるぐらいの。僕はやっぱり楽しいことが好きなので、ゆくゆくはライブのようにお客さんに立ち上がってもらおうかと(笑)。日本はどうしてもずっと座って観る文化が定着していますが、そこを1つ壊すことで新しい何かを生み出せる可能性もあります」

矢島「ミュージカルは役者にもスイッチングになりますよね。前半と後半をまたぐ間にあるので、気持ちの切り替えもしやすいし、コメディーからシリアスへの場面転換などにも分かりやすいですね。それが今回いくつかあるので、どんなジェットコースターになるんだろうと今から怖くもあり、楽しみにもしています。何より楽曲が鳥肌立つほど素晴らしいので、それだけでもライブが出来るぐらいのクオリティなので是非堪能してもらいたいです」

神木「私も最初はなんでここで歌って踊っているんだろうと戸惑いもありましたが、回を重ねていくごとに、この為のステージなんだなと納得するようになりました。特に最近の舞台はストーリーの展開が激しいので、余計ミュージカルが生きる仕掛けになっています。お客様もあのミュージカルシーンが観たいからいらっしゃるという方も多いですね」

――― 最後に読者にメッセージをお願いします。

矢島「僕ら劇団オモテナシは立ち上げたばかりの若い劇団ですが、若手ならではの熱量と今をときめく鄭光誠さんの脚本、演出が加わって、年々人に訴えかける作品が出来ていると思っています。僕らも毎日台本が変わる中でより良いものを求めて試行錯誤を繰り返して作り上げています。是非劇場で僕らの“結晶”を観に来てもらえたら嬉しいです」

神木「舞台上だけでなく、客席も含めて1つの作品という作り方をしているので、観に来てくださったお客様も作品の一部になります。是非その世界に生きに来てください」

鄭「劇団オモテナシ自体がお客様をエンターテインメントでおもてなしをするというコンセプトで立ち上げられたので、日々のストレスや嫌なことを解消できる場として利用してもらいたいですし、その上でお土産として何か心に残る温かいものを皆さんに持って帰ってもらえればと思います。一緒に泣いて笑って怒って、そして感動して終演後のロビーで笑顔で皆さんと再会できれば嬉しいです」

(取材・文&撮影:小笠原大介)

キメ画像2

PROFILE

鄭 光誠(ちょん・がんそん)のプロフィール画像

● 鄭 光誠(ちょん・がんそん)
朝鮮大学校 経営学部卒。日本生まれの在日コリアン3世。大学卒業後、就職するも1年4か月で退社し、芝居の道へ。現在、多方面で活躍する、羽原大介の師事のもと、外部で舞台の脚本・演出を手掛ける。近年の主な作品に、2.5次元ダンスライブ「ALIVESTAGE」(演出)、『THE STAGE ラッキードッグ』(演出)、『The Stage 神々の悪戯』(脚本・演出)、「BACK COAT」(脚本・演出) などがある。

矢島八雲(やじま・やくも)のプロフィール画像

● 矢島八雲(やじま・やくも)
1990年12月20日生まれ。劇団オモテナシ作品には『初夏のおもいで』よりゲスト出演して以降、毎回出演。主な出演作に『XFLAG × 氣志團 MONST Rock ’n’ Roll High School』、『アルカナ・ファミリア』(アッシュ役)、『神々の悪戯』(主演:アポロン役)、『忍ノSAGA』(禰津晃役)、『ホス探へようこそ3』(近衛役)などがある。

神木彩良(かみき・さら)のプロフィール画像

● 神木彩良(かみき・さら)
1990年5月26日生まれ。劇団オモテナシ初期メンバー。主な出演作に、『アンフェアな月・殺されてもいい命』、『殉血のサルコファガス』(主演)、劇団オモテナシ『未来電車』、劇団オモテナシ『年中無休のヒーロー』、『艶が〜る』(花里役)、劇団オモテナシ『最強の姉妹』 などがある。また、舞台 ラッキードッグ1 first luckや舞台 『艶が〜る』では振付を担当している。

公演情報

「舞台『月夜に舞い上がる桜』」のチラシ画像

劇団オモテナシ
舞台『月夜に舞い上がる桜』


2019年9月7日 (土) 〜2019年9月16日 (月・祝)
シアターグリーン BIG TREE THEATER
HP:公演ホームページ

一般:6,500円
千秋楽のみ:7,500円
(全席指定・税込)

詳細はこちら