お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

PICKUP 

今井俊輔・高橋正徳


キメ画像1

「演劇×オペラ」の融合!

それぞれの醍醐味を感じてもらえる舞台に!

「若い演奏家の為のプロジェクト」の人気企画、「演劇×オペラ」のスタートを飾った演目『マクベス』が更にグレードアップして11月に上演される。シェイクスピアとヴェルディの両方が楽しめる画期的な舞台とは? 「演劇×オペラ」は役者と歌手が入れ替わり、原作とオペラで同じ場面を演じ、演劇のセリフの緊張感とオペラの音楽の求心力で登場人物たちの心情をより深く描き出したいとの意図で構成された全く新しい舞台。演劇として場面を見たあとに、オペラのアリアを原語で聞くことで、字幕がなくとも場面の意味を理解し、よりオペラの「歌」を集中して聴くことができる画期的な手法が好評を博している。そんなここにしかない舞台のオペラパートでマクベス役を歌う今井俊輔と、演出を担う高橋正徳が、新たな舞台に向けた想いを語り合ってくれた。


インタビュー写真

お互いが面白がり合い、刺激し合える「演劇×オペラ」

――― 演劇とオペラのコラボレーションという非常に新しい企画ですが、そもそもこの企画は『マクベス』から始まったのですね?

今井「『マクベス』はシェイクスピアの原作とオペラのストーリーがほとんど変わっていないんです。こういう作品は実はそれほど多くなくて、演劇とオペラを融合させようという試みによく合っているんじゃないか?と「若い演奏家の為のプロジェクト」主宰の笈沼甲子の発案で、皮切りの作品として上演しました。その時は演劇パートは台本を持ったリーディングだったのですが、「字幕がなくても内容がよくわかる」というお客様からの高い評価を頂けたので、もっと本格的に演劇×オペラのコラボレーションを深めて創りましょう、と『フィガロの結婚』を取り上げた時に、演出の高橋さんに入って頂きました。」

高橋「僕は普段はストーレートプレイを中心に演出しています。オペラはもっぱら観るばっかりでした。ただこの企画が演劇とオペラの場面を交互にということだったので、それだったらできるかな?と思って引き受けました。初演の時は手探りで大変ではあったのですが、演劇チームとオペラチームがお互いに刺激しあってとても面白いものになったんです。『フィガロの結婚』は、馬鹿馬鹿しかったりドタバタの場面も多いのですが、オペラで言語上演だと、慣れてない観客は字幕を必死で追うことになる。でも日本語で先に芝居で見せておけば、オペラが原語でも登場人物のやりとりや人間関係などの機微もわかってもらえて、字幕がないのに爆笑の嵐みたいなことになって!」

今井「ありましたね!」

高橋「文学座の斉藤祐一が上演台本を書いてくれたんです。結構ギャグ満載の台本だったので、オペラ歌手の方達に『こんなのはモーツァルトじゃない!君たちモーツァルトのことわかってるの?』と言われてしまったらどうしよう(笑)と思ったのですが、ものすごく面白がってくれて(笑)」

今井「こういう創り方をもっとしたいと思いました。どうしてもオペラって敷居が高いと感じさせてしまうものがあるから、気軽にクラシックに触れて欲しいという『若い演奏家の為のプロジェクト』の趣旨にもピッタリで、すごく良いアイディアだと感じています」

役者の芝居の力、オペラの音楽に感情を乗せた緊張感、それぞれの醍醐味

――― そこから今回再び『マクベス』を取り上げた決め手はなんだったのですか?

高橋「それは今井さんの『悲劇がやりたい』という一言ですね!(笑)」

今井「僕ですか!?(笑)まぁ、僕の元々の声が悲劇に向いた声だというのもありましたし、こういう「演劇×オペラ」の企画には喜劇の方が向いているのかな?という想いもありつつ、きちんと演劇として先に場面を見て頂くことで、悲劇であってもお客様の感情にきちんと入っていきやすいのではないかな?という期待があります。」

――― そういった意味でも、演劇とオペラが共に在ることが更に重要になるかと思いますが、演出面で今回工夫しようと考えていらっしゃることなどは?

インタビュー写真

高橋「芝居で見せて、その後にアリアや重唱を歌ってもらうという基本ではありますが、今回はできるだけ両者をリンクさせたいと思っていて。ポイントとしてはオペラパートに魔女役の歌い手が6人いて、演劇パートに魔女役の女優が3人いるので、9人の魔女が互いに対話していく。歌手の皆さんにも台詞を喋ってもらったり、時には女優にも歌ってもらったりして、更に両者が融合していくような形を考えています。9人の魔女によってこの物語を展開していきたいです。二期会の菊池美奈さんは、文学座の演劇愛好家向けのプラチナクラスに入られて、一年間演劇をやって卒業公演で『夏の夜の夢』のタイテーニア役をやったりしているんですよ!」

今井「へえ! それは知らなかった!」

高橋「文学座の稽古場での公演で、自前の衣裳で、一人だけものすごく豪華なドレスを着ていらして、さすが!って感じだったんですが(笑)。そういう演劇大好きなオペラ歌手の方もいらっしゃるので、色々と更に関わりを深めていけたら良いなと思っています。」

今井「今までは演劇チームの方達がオペラパートに寄せてくださっていたと思うんですが、伝承ホールのキャパでしたらオペラチームも芝居の動きをどんどん取り入れて自由に動いて、どんな姿勢でも歌えますから、オペラパートからも演劇パートに寄せていきたいですね。特に『マクベス』はオペラよりも、シェイクスピアの芝居としてご存知の方がとても多い演目でもありますから」

高橋「確かに芝居の上演は多いですね。でも『フィガロ…』の時から、本来は皆さん分厚い楽譜と台本を併用しているのに、今井さんは演劇の台本だけを読んでくださっていると台本を書いた斉藤が喜んでいたくらいだから!(笑)」

今井「やっぱりやってなかったことやりたいんですよ!だからこそ面白いしね。時間も演劇パートを入れて2時間半くらいですよね?」

高橋「良いところ取りでギュッと凝縮して、入れちゃうとかえってわかりにくくなるという場面は大胆にカットしています。やっぱり今井さんたちの歌声を生で聴くことで感じられるものはとても多いですし。」

今井「マイクを通さない声を聴いて頂けるのが、オペラの一番大きな力なので。」

高橋「その魅力を知る為にも、まずは足を運んで頂かないといけないですから、こういう企画があることによって、いつもは芝居を中心に観ているお客様にもオペラに関心を持って頂けたり、またオペラ愛好家の方達にも『芝居も面白いかも?』と思って頂ける。新たなジャンルを知るきっかけになっていることも意義がありますね。」

――― あらゆる意味で有意義な機会を頂ける場として、この企画が長く続いていくことを願っていますが、では改めて今回の『マクベス』への意気込みを。

高橋「『若い演奏家の為のプロジェクト』と名乗られていますが、今井さんをはじめ世界で活躍されていらっしゃる方達も多く、その方達の歌声の持つ圧倒的な力がまずありますし、演劇チームにも文学座や劇団昴、演劇集団円の、芝居のできるメンバーが集まっているので、両方を楽しんで頂けたらと思います。」

今井「『マクベス』って歌だけじゃないものがとても多い作品で、僕も演劇チームの方達からどれだけ学べるかな?を楽しみにしています。役者の方達が目だけのお芝居でもどれほど雄弁かを感じて欲しいですし、一方人を殺しに行く前や、殺しに行った後の音楽に乗せた緊張感は、演劇にはないものなので、そこはオペラの醍醐味として楽しんで頂けると思います。『マクベス』には特にそれがあると思うので」

高橋「是非、ご期待下さい!!」

(取材・文&撮影:橘 涼香)

キメ画像2

PROFILE

今井俊輔(いまい・しゅんすけ)のプロフィール画像

● 今井俊輔(いまい・しゅんすけ)
バリトン歌手。東京藝術大学声楽科首席卒業。東京藝術大学院独唱科修了。その後、 渡伊。 第18回松田トシ賞、アカンサス賞、 同声会賞を受賞。同声会新人演奏会、読売新人演奏会出演。また、卒業時に皇居内の桃華楽堂にて御前演奏を行う。日伊声楽コンコルソ2位受賞。 二期会60周年記念公演『マクベス』タイトルロールで出演。そ の他出演オペラレパートリーは、ヴェルディやプッチーニ作品を主軸として、15役以上の主役、プリモバリトン役を演じている。また『メサイア』『第九』などのソリストを務め、イタリアではボローニャとマントヴァを拠点に活動している。BS日テレ『BS日 本こころの歌』出演。二期会会員。

高橋正徳(たかはし・まさのり) のプロフィール画像

● 高橋正徳(たかはし・まさのり)
2000年文学座附属演劇研究所入所。05年座員昇格。西川信廣氏、鵜山仁氏、木村光一氏の演出助手として研鑽を積む。04年文学座アトリエの会『TERRA NOVA テラ ノヴァ』で文学座初演出。以降、鐘下辰男、佃典彦、東憲司、青木豪、古川健、秋之桜子など現代日本人作家の新作を多数演出。また翻訳戯曲の演出も積極的に行う。2011年文化庁新進芸術家海外研修制度により1年間イタリア・ローマに留学。帰国後の活躍は文学座に留まらず小劇場から大劇場まで幅広い。 主な演出作品は「越前竹人形」「白鯨」「かのような私-或いは斎藤平の一生-」「ガラスの動物園」(以上文学座)。「The Dark」(オフィス・コットーネ)、「ミュージカル ぼくは王様」(日生劇場)、「毒女」(椿組)、「斜光」(水戸芸術館)など

公演情報

「演劇×オペラ 「マクベス」」のチラシ画像

演劇×オペラ 「マクベス」

2019年11月21日 (木) 〜2019年11月22日 (金)
渋谷区立文化総合センター大和田 伝承ホール
HP:公演ホームページ

一般:4,900円
桟敷席:3,500円
400円割引!4,900円 → カンフェティ席4,500円!★10/3(木)19:00〜発売開始
(全席指定・税込)

詳細はこちら