お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ会員100万人突破キャンペーン

PICKUP

Bobjack Theater


キメ画像1

Bobjack theaterの知名度を大きく高めた代表作が新キャストと共に再演

2つのチームで男女が反転する、新感覚のダブルキャスト探偵物語

生きることに少し不器用な人々の“おもしろ切ない”会話劇で知られるBobjack Theaterが、2016年の『ノッキンオンヘブンズドア』を再演する。少し不思議な事件ばかりを扱う探偵事務所を舞台にした本作は、2つのチームで役の性別が反転するというユニークなダブルキャスト公演。初演に続いて主人公の探偵を演じるBobjack Theater の丸山正吾・民本しょうこと、その助手を演じる新キャストの森岡 悠・東 将司の4人に、作品への思いや公演に向けての期待などを聞いた。


インタビュー写真

探偵物に見せかけたアットホームなお話

――― まず丸山さんと民本さんにお聞きします。Bobjack Theater(以下、ボブジャック)にとって『ノッキンオンヘブンズドア』はどういう作品でしょうか?

丸山「うちは歌とかダンスがあるわけでもない、基本的には普通の演劇をやっていて、話の内容も温かいミニマムな話が多いんですけど、この作品で唯一個性的なのは、やっぱり男女反転ダブルキャストを発明したこと。それでたくさんのお客さんにボブジャックのことを知ってもらうきっかけになりましたし、役者が外部に呼ばれる契機にもなりました」

民本「ボブジャックの中で、面白くて切ないみたいなテーマがあるんですけど、それが全部盛り込まれていて、暗すぎずコメディ寄りにもなりすぎず、みたいな感じ。守山さん(Bobjack Theater 主宰/脚本の守山カオリ)が書く、ちょっといいセリフもたくさん散りばめられていて、ボブジャックってこういう劇団ですよって見せるのに一番わかりやすい作品じゃないかなって思います」

丸山「クセのない、ポップなお話ですね。探偵物と見せかけたホームドラマというか、アットホームな物語で。サスペンス的なところよりも人間関係がメインです。もともとボブジャックはそういうのが多いので」

民本「探偵って冷静じゃないといけないと思うんですけど、依頼者に感情移入しちゃって泣いちゃったりとか。そういう探偵っぽくないところも面白いですね」

――― 初演で印象に残っていることは?

丸山「稽古の序盤で、楽しすぎて泣いていた記憶があります。直前にやった作品が体力的にしんどかったのも理由のひとつですけど(笑)、情緒不安定になるくらい楽しかったですね」

民本「私は逆で、この主人公の役は丸山さんにすごく合っていて、でも私自身は真逆の性質なので苦戦しました。普段は周りでかき回す役が多いのに、あのときは振り回されながらもしっかりしていて頭がいい、という。そういうのが難しくて大変でした(笑)」

丸山「確かに、“丸山さんの当て書きズルい”ってずっと愚痴を言ってました(笑)」

インタビュー写真

普通のダブルキャスト以上に印象が変わる

――― 新たに参加する森岡さんと東さんは、出演が決まってどう思いましたか?

森岡「去年、ボブジャックさんの『ライナスの毛布』に出させていただいて、作品と皆さんのお人柄にすごく惚れ込んでしまって。私のファンの人にも“ボブジャック好きなんだよね”って言っちゃうくらい(笑)。そんな劇団さんからもう一度呼んでいただけたというのは本当に嬉しいです。『ノッキン〜』もDVDで観せていただいたんですけど、明るく楽しい気持ちになれるシーンもあれば、ボロボロ泣いてしまうシーンもあったりして、すごく好きな作品だったので、今からとても楽しみです」

丸山「悠ちゃんが出てくれるというところから再演の話が始まったくらいだし、『ライナス』でも相手役みたいなことをやっているので、もうピッタリです」

東「僕はどちらかというと不安の方が大きくて……。以前、別の作品で扇田さん(Bobjack Theater主宰/演出の扇田 賢)の演出を受けたとき、自分的に満足できる結果をなかなか出せなかった部分があったので、今回声をかけていただいて、“僕で大丈夫かな”みたいなところが大きくて。しかもボブジャックさんは狂犬ばかりだと聞いていて、その中でも一番ヤバいと噂されている方とタッグを組むというので、ドキドキがすごいです」

民本「(初演で演じた)小島ことりの3分の1くらいのサイズなので、優しく扱おうと思ってます」

――― そして、最大の特徴である男女反転ダブルキャストについて。丸山さんと民本さんはどんな感想を抱きましたか?

丸山「同じやり取りでも、例えば女の子が悩んでいるのと男が悩んでいるのでは、観ている方の印象がだいぶ違いますね。女の子だと“ああ可愛そうだな”って思っても、男だと“お前しっかりしろよ”ってなる。誰かが誰かを想っているみたいなシーンも、男が想っているのと女の子が想っているのでは、見え方がずいぶん変わってくるし」

民本「基本、私の出るBチームでは男が悩んでる側なんです。で、私がそれを見て“お前しっかりしろよ”ってずっと思ってるっていう。女性が強いバージョンで」

丸山「結局どちらのチームも男が女に引っ張られているけどね。やっぱり女性って強いなと思いました。あと何より、ダブルキャスト同士がライバル視しなくて済む」

民本「確かに(笑)」

インタビュー写真

――― 新キャストのお二人はいかがですか?

森岡「私にとっては未知の世界なので、ただただ楽しみですね。東さんとは9月に別の舞台でご一緒させていただいたんですけど、短い稽古の中でもしっかり役を作って堂々と立ってらっしゃる姿を見て、すごくリスペクトの気持ちが湧きました。今回は同じ役ということでいろいろお話をしながら一緒にできたらなと思いますし、同じ気持ちを共有できる仲間がいるというのは本当に心強いです」

東「よく舞台の告知で“何回でも観に来てください”って言ったりしますけど、この舞台に関しては本当に男女両方観て、なおかつ、もっとたくさん観るとより面白くなるんじゃないかって想像してます。あと、ダブルキャストの相手(森岡)は巷で“天使”と噂されている方なので、僕も天使に近づけるように頑張ります(笑)」

ぜひとも2回、いや3回は観てほしい

――― 今回の再演に向けて、どのように取り組もうと考えていますか?

丸山「この主人公は、もともとあまりクセがないというか、ほぼ自分のまんまみたいな役なので、相手が変われば自然に変わるだろうなと。あと、僕自身もだいぶおっさんになっているので、役としてもちょっと大人になろうかなと」

民本「去年、隣のきのこちゃんとのコラボで『ノッキンオンヘブンズきのこ』をやったときに、私はきのこちゃんを演じたので、初演でやった久仁子をあまり覚えてないんです(笑)。だから初演のことは完全に捨てて、新しい久仁子を作ろうかなと思っています。未亡人という設定なんですけど、私も年齢と経験を重ねて、もうちょっと未亡人感が出るというか、陰のある役を作ろうかなと」

丸山「そうなんだ(笑)」

森岡「私は『ライナス』のときに、それまで自分の中になかった引き出しを見つけた感覚があって、それがすごく嬉しかったので、今回もまたあの感覚を絶対味わってやるぞと思っています。去年の4月からお芝居メインの活動を始めさせていただいて、どの舞台でも毎回キラキラした気持ちになるんですけど、ボブジャックさんの作品は、そのキラキラ度合いがすごく大きいんですよ。もう尊敬しかない役者さんばかりなので、だからこそ『ライナス』のキラキラを超えていきたいと思っています」

インタビュー写真

東「僕の中で、今まで周りの目を気にしてうまく殻を破れなかったところが、今年に入って少しずつなくなってきたというか、もっと役に集中できるようになった部分があると感じています。たぶん、それでまたお声がけしていただけたと思うし、こういう素敵な座組の中で、けっこうセリフのあるストーリーテラー的な役をさせてもらえるということで、今までやってきた要素もつぎ込みながら役を作っていけたらなと思います」

――― では最後に、ボブジャック初見のお客さんに向けて一言ずつお願いします。

丸山「やっぱり男女反転はすごく印象が変わるので、ぜひ2回観てください! 最初観たチームと反転したチームを観て、また最初のチームを見るとまた面白いかなと思います。だから3回ですね(笑)」

民本「女性が探偵をやっているということもあって、どうしてもBチームの方がイレギュラーに見えるんですよ。だから、初見の人はBチームを先に観てからAを観てもらえるとちょうどいいと思います」

丸山「いやいや、ぜひAを先に(笑)」

森岡「丸さんが書いたボブジャックさんのキャッチコピーに“明日が少し楽しみになる劇団”というのがあるんですけど、本当にその通りだなと思ったので、ぜひこの作品を観て明るい気持ちになって、年越しの準備をしていただけたらなと(笑)。来年が少し楽しみになる感覚をお届けできるように頑張ります!」

東「もちろん両方のチームを観ていただきたいというのが初見の皆様への言葉になりますが、初演を観て、また観に来てくださる方もいらっしゃると思うので、そういうお客様の満足度が減らないように……それこそ来年の準備に向けて(笑)、余韻を味わっていただけるような作品にできればいいなと思います」

――― 森岡さん、コメントをパクられちゃいましたね。

森岡「あははは!(笑) でも同じ役なので、以心伝心な感じで(笑)」

――― フォローも完璧です(笑)。ありがとうございました。

(取材・文&撮影:西本 勲)

キメ画像2

PROFILE

丸山正吾(まるやま・しょうご)のプロフィール画像

● 丸山正吾(まるやま・しょうご)
1月25日生まれ、静岡県出身。
2001年に俳優活動をスタート。唐十郎、望月六郎、和栗正明、北見敏之の各氏に師事。演劇集団Bobjack Theater、劇団ドガドガプラスに所属し、看板俳優として活動。Bobjack Theaterの蜂巣和紀と組んだ劇団内ユニット「丸蜂運送株式会社」では動画配信など様々な企画を行う。12月にはACTOR’S TRASH ASSH第23回本公演『帝都探偵奇譚ジゴマ2 上海租界編』にも出演。

民本しょうこ(たみもと・しょうこ)のプロフィール画像

● 民本しょうこ(たみもと・しょうこ)
8月31日生まれ。
Bobjack Theaterに所属しつつ、アリスインプロジェクト他多くの舞台に参加。今年出演した作品に、演劇集団イヌッコロ『いえないアメイジングファミリー』、隣のきのこちゃん『隣のきのこちゃん4〜すもうでむぼうなかれらは大統領とスモウ?!〜』、121841produce『ブアメード』、ENDesPRODUCE『リベルテ9』、ENG『探偵なのに』、映画『恋するアンチヒーロー』がある。

森岡 悠(もりおか・ゆう)のプロフィール画像

● 森岡 悠(もりおか・ゆう)
1996年7月9日生まれ、福岡県出身。
アイドルグループGEMを経て2018年から女優として活動。今年出演した舞台に、東出有貴プロデュース『THE GOEMON〜episode 0〜』、皇帝ケチャップ『私の娘でいて欲しい』(主演)、ZERO BEAT『怪盗協奏曲』、ボクラ団義『関ヶ原で一人』、DMF/ENG提携公演『LAST SMILE』、マルガリータ企画『マルガリータピザ1st CUT!〜第一次PIZZAショック!』、ENG『探偵なのに』がある。

東 将司(あずま・まさし)のプロフィール画像

● 東 将司(あずま・まさし)
1994年10月9日生まれ、京都府出身。
スーパーエキセントリックシアター所属。2018年に若手男子7人で結成された2.5枚目育成型ユニット、Grab"A"(グラバ)のサブリーダー。 主な出演舞台に、『ミュージカル・忍たま乱太郎』『バグバスターズーStage YELLOWー』『イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE 〜Episode.0〜』『桃山ビート・トライブ〜再び、傾かん〜』『マルガリータピザ1st CUT!〜シャンタンスープ』などがある。

公演情報

「ノッキン オン ヘブンズ ドア」のチラシ画像

Bobjack theater
ノッキン オン ヘブンズ ドア


2019年11月13日 (水) 〜2019年11月24日 (日)
上野ストアハウス
HP:公演ホームページ

26名限定!4,500円(全席指定・税込)→ 【指定席引換券】3,500円さらに1,800Pゲット!(11/12 18時20分更新)

※公演により出演者が異なります
※出演者扱いでのチケットのご購入はこちら
 (カンフェティ特別価格チケットでは出演者扱いでの販売はございません)

詳細はこちら

「ノッキン オン ヘブンズ ドア」のチラシ画像

Bobjack theater
ノッキン オン ヘブンズ ドア


2019年11月13日 (水) 〜2019年11月24日 (日)
上野ストアハウス
HP:公演ホームページ

全席指定(前売):4,500円(税込)

詳細はこちら