お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

PICKUP

アリスインプロジェクト


キメ画像1

名作のさらなるスピンオフがここに誕生

アリスイン アリスの世界が、あの"屋上"と交錯する

 初演から10年を迎えた『アリスインデッドリースクール』に、壊れ往く世界を救おうとする少女達を描く『アリスインアリス』の世界が混ざり込んでいく本作『アリスインアリスinデッドリースクール』。出演者の夏目綾・葉月智子・高橋明日香・八坂沙織を迎え、その意気込みを聞いた。


インタビュー写真

――― 10年の間に色々なスピンオフ作品も生み出した『アリスインデッドリースクール』ですが、葉月さんと夏目さんは初出演。さらに夏目さんはこれが初舞台になるんですね。

夏目「ええ。初めての舞台なので緊張もしていますし不安もあります。私はミスマガジンをきっかけにお話を頂くようになりました。これからは舞台にもチャレンジしていきたいです」

葉月「私は3回目の舞台ですが、W主演は初めてです。だから凄く緊張しています。いい作品にできるよう頑張ります!」


インタビュー写真

――― 『デッドリー』のシチュエーションでは無いですが、周りは全部先輩な訳ですが、プレッシャーは感じますか?

夏目「先日「オトナインデッドリースクール」を拝見したのですが、凄すぎてこんなプロ集団に私が入って大丈夫かと思いました。でも顔合わせでは皆さん優しく接してくださって、頼もしく感じました」

葉月「私すごく人見知りなんです。顔合わせでも誰とも話すことができなくて。でも今日、3人にお会いして、優しくて、沢山お話出来て嬉しいです」

高橋「よかったよかった」

――― まるでお母さんみたいですね(笑)。やっぱりリーダー体質でしょうか?

高橋「母です(笑)。でも二人にはひたすら楽しんで欲しいです。うまくできるかどうかではなく、皆と作るこの物語を楽しんでもらいたいです


インタビュー写真

――― 八坂さんも先輩として一言。

八坂「アリスインプロジェクトは初舞台の子を積極的に起用している団体ですし、私もそのひとりですね。これはいつものことなんですが、後で振り返った時にやって良かったと思えるような作品作りをしたいと思っています」

――― さて今回は2つの世界観が混ざるので、登場人物もいつもとは異なってきます。まずこの世界がなぜ起こったか、その核心に近づく氷鏡を演じるのが八坂さん。そして屋上にいる漫才コンビの優こと墨尾優が葉月さん。かたや高橋さんと夏目さんはアリスインアリスのメンバーとして、しかもお二人は互いに対立しているという。なかなか複雑です(笑)

高橋「だからこの作品はいつもの『デッドリースクール』だと思って観に来ると、全然違う作品だと思われると思います。『デッドリースクール』の名場面が沢山出てきますが、それがちりばめられている感じですね」


インタビュー写真

――― ある意味、この10年間の『デッドリースクール』を凝縮して、さらに新しい世界観が乗り込んでくるので、初めて観る人も本来の『デッドリースクール』を観続けてきた感じが持てるのかもしれませんね。では最後に皆さんから舞台への抱負を伺いたいと思います。

八坂「私は11月の公演『アリスインデッドリースクール コネクト』でも氷鏡役をやります。だからどこかの世界にいた氷鏡が生き残り“答え”にたどり着くのが嬉しいです。当たり前のことが無くなっていく世界の中で人は何をチョイスするのか、そこに共感できると思います。あと女の子が世界を救うために頑張る姿を楽しみにして欲しいです」

高橋「私は一番最初の『デッドリースクール』に出ています。10年間一緒に歩んできたようなものなので、今年色々なタイプのデッドリーがあった中で、一番最後の“究極のスピンオフ”だと思いますし、舞台でできると思っていなかった、アリスインアリスの世界観からの視点が加わることに興奮しています。きっと昔から見ている人も興奮できると思います。舞台でするには勿体ないくらいSFな作品ですから、初めての人も楽しんで欲しいです」

夏目「私は中学生くらいからSF小説が好きなので、こういったSF作品に参加できるのは嬉しいです。長い歴史と皆さんの思いが詰まった作品なので、初舞台と初主演という重大さを忘れずに、頑張りたいです」

葉月「10年も続いてきた人気作品にこのタイミングで出演できることが凄く嬉しいです。今までたくさんの先輩が演じてきた墨尾優を自分が演じることはプレッシャーですが、皆さんが作り上げたイメージは壊さず、それでも自分なりの優を作りたいと思います」


(取材・文&撮影:渡部晋也)


キメ画像2

PROFILE

夏目 綾(なつめ・あや)のプロフィール画像

● 夏目 綾(なつめ・あや)
静岡県出身。ミスマガジン2019にて『ミス週刊少年マガジン賞』に選ばれたのをきっかけにモデル・グラビアの活動を開始。今回が初舞台であり、かつW主演を果たす。中学生の頃からSF小説が好きで、一番好きな作品は『夏への扉』。

葉月智子(はづき・ともこ) のプロフィール画像

● 葉月智子(はづき・ともこ)
1998年5月12日生まれ。東京都出身。スターダストプロモーション所属。アイドルユニット「リーフシトロン」で活動後、今年から本格的に芝居に挑戦。歌とダンスの経験と、天然なキャラクターが愛され、半年の間に続けて3本の舞台に出演。今回の『アリスインアリスinデッドリースクール』では初のW主演に挑戦する。

高橋明日香(たかはし・あすか)のプロフィール画像

● 高橋明日香(たかはし・あすか)
神奈川県出身。2009年にモデルとしてデビュー。同年、初舞台を踏む。2010年に『アリスインデッドリースクール』の初演に出演する。以降現在までに数多くの舞台作品に参加。2013年にはアクトアイドルユニット「アリスインアリス」に第二期メンバーとして加入。2016年に卒業するまでリーダーとして活躍する。女優、モデルの他、さらにお笑いの世界にも活動の幅を広げている。

八坂沙織(やさか・さおり)のプロフィール画像

● 八坂沙織(やさか・さおり)
東京都出身。「avexアイドルオーディション 2010」への参加をきっかけにアイドルグループ・SUPER☆GiRLSのメンバーとして2014年まで活躍する。2011年にアリスインプロジェクトの『時空警察ヴェッカーχノエルサンドレ』で初舞台。その後、オッドエンターテインメントや柿食う客、その他多くの舞台に参加する。2014年には東宝ミュージカル『サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜』に出演。ミュージカル女優としての活動もスタートさせている。今年は『アリスインデッドリースクール コネクト』や『オトナインデッドリースクール』と10周年記念となるデッドリー三部作全ての出演を果たす。

公演情報

「アリスインアリスinデッドリースクール」のチラシ画像

アリスインプロジェクト
アリスインアリスinデッドリースクール


2019年12月12日 (木) 〜2019年12月23日 (月)
シアターKASSAI
HP:公演ホームページ

24名限定!A自由席 5,500 円 → 4,450円 さらに700Pゲット!(12/5 17時50分更新)

詳細はこちら

「アリスインアリスinデッドリースクール」のチラシ画像

アリスインプロジェクト
アリスインアリスinデッドリースクール


2019年12月12日 (木) 〜2019年12月23日 (月)
シアターKASSAI
HP:公演ホームページ

S指定席 6,500 円(最前 1 列・ひな壇最前列)
A自由席 5,500 円(指定席エリア以外)
(税込)

詳細はこちら