お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ会員100万人突破キャンペーン

PICKUP

『百花繚乱〜Break a leg!』


キメ画像1

剣舞プロジェクト×アリスインプロジェクトが夢のコラボ!

女子校ダンス部を舞台に少女たちの成長を描く青春ミュージカル

 今、大注目のミュージカル団体『剣舞プロジェクト』とガールズ演劇カンパニー『アリスインプロジェクト』のコラボで贈る『百花繚乱〜Break a leg!』。存続の危機に陥った女子校ダンス部を舞台に、部員たちの奮闘と成長を描く青春ミュージカルだ。
 キャストには『剣舞プロジェクト』と『アリスインプロジェクト』作品の常連メンバーを中心に配役。主要キャラクターを演じる白石まゆみ、高橋紗妃、牧田咲也加、藍梨の4人に、作品への想いと意気込みを聞いた。


インタビュー写真

――― 『百花繚乱〜Break a leg!』で主要キャラクターを演じるみなさん。ご自身の役柄をご紹介ください。

白石「ダンス部の部長・みなみ役を演じます。部長というみんなをまとめるしっかり者の一面と、同時に女子高生らしさを出していけたらいいなと思っています」

高橋「ダンス部のエースで次期部長のえりか役で出演します。劇中はダンス部が大きな挫折をするところから物語が始まるので、えりかとしてどう部活を引っ張っていくのか、彼女自身の成長もあわせて表現していきたいです」

牧田「私は沖田総司役を演じる女子高生の役で、普通の女の子と沖田総司の演じ分けをきちんとしていきたいと思っています。あと女性が男性を演じる面白さ、最強の武士らしさも出していけたらと考えています」

藍梨「ダンス部の3年生で振り付け担当のタキザワ役です。タキザワは男っぽくてちょっと言葉遣いも荒かったりするけれど、男っぽい子って女子高には絶対に必要なポジションですよね。私も女子校でミュージカル部の男役を3年間していたら次第に男っぽくなってしまった経験があるので(笑)、あの頃の自分を思い出しながら、飾らずリアルにキャラクターを作っていけたらと思っています」

――― コラボと聞いたときの心境は? 互いのカンパニーの印象についてお聞かせください。

牧田「アリスインプロジェクトと剣舞って対極にあるくらい違う団体だなという印象があったので、いい化学変化を起こせたらと考えています。どんな変化が起こるのか、そこは私もすごく楽しみにしているところで、みんなでクオリティの高い作品を作っていけたらと思っています」

白石「今回のコラボで今までのアリスインプロジェクトにはない風が吹くだろうなという気がしていて、絶対にやりきろうという気持ちでいます」


インタビュー写真

高橋「私はアリスインプロジェクトにも剣舞プロジェクトに初参加なので、コラボ以前に全てが初めましてのスタートです。お互いの良いところを見ていろいろ学んできたいです」

藍梨「アリスインプロジェクトはとにかく可愛い印象があったので、ビジュアル的に追いつけるかな、という心配は正直ありました(笑)。ただ剣舞プロジェクトは本当にあった歴史上の出来事を舞台でリアルに追求していて、可愛いを追求しているアリスインとは系統は違っても、お客さまを楽しませるという目標は変わらないと思っていて。だからこそ、このコラボはきっといいものになるんじゃないかなって気がしているんです」

――― 今日は公演の衣裳での登場です。劇中はアリスインのメンバーが着物で、剣舞のメンバーが制服姿で演じるシーンもあり、それもまた新鮮な体験なのではないでしょうか。

白石「私は普段着物を着ることがないので、今回衣裳で着られるというだけでもうテンションが上がります。あと昨年の春に高校を卒業したので、制服を着るのは久しぶりでちょっと嬉しいですね」

高橋「私は着物で舞台に立ったことはあるけれど、自分で着付けができるほどではなくて。今後の仕事にもすごく役立ちそうだし、この機会に勉強させていただこうと思っています。あと、着物が似合うように髪を伸ばしてみようかなって今ちょっと考えているんです」

藍梨「私は着物にはだいぶ馴れたけど、制服の可愛い着方を忘れました(笑)」

牧田「スカートの短さにびっくりです!」

高橋「私の学校の校則は膝上10cmでしたよ。どうせ短くするなら私服で可愛い服が着たかったので、私は学校の制服が短いのはイヤでしたけど」

藍梨「うちの学校は膝下10cmでした。大正時代からあるすごく厳しい学校だったので、みんなきちんと校則を守ってましたね」


インタビュー写真

牧田「だいぶ馴れたとはいえ、着物を着て演技をするのはやっぱり大変です。着物の着方や所作はもちろん、アクションをしていると着物って簡単に着崩れてしまうので。でもこの時代の人にとって着物を着るのは当たり前のこと。私たちがボタンが外れたとき自然と直すのと同じように、いかに着物を着慣れている人のようにさり気なく着崩れを直すか、というのが目指しているところです」

藍梨「私は学校で日舞の授業があったので着物を着るのは慣れていたけど、剣舞で着る打掛はまた違って、一から鍛えられました。あと昔は露出していないのに何だかエロティシズムを感じさせるというのが女性の色っぽさとされていたので、首筋が美しく見える角度だったりと、自分なりにいろいろ研究しています。姿勢も気を遣う部分で、着物姿のときはちょっと力が抜けた感じの方が可愛いんじゃないかなって思います」

――― 今回はアリスインのメンバーも殺陣に挑戦します。

白石「殺陣は全く初めてです。すごく興味はあるけれど、実際にやるのと見るのではたぶん全然違いますよね。軽くやっているように見せているけれど、実はすごく大変だという話をいろいろな人から聞くので、やっぱり並大抵の努力じゃできないんだろうなって思います」

高橋「剣舞は振りも演出も殺陣も一回で覚えなければいけないと聞いて……。不安はあるけど、頑張ります!」

牧田「殺陣は私もまだまだです。第一線でやっている人の殺陣を見ると、本当にかっこいいし美しい。私もああなりたいと思うし、稽古あるのみですね」

藍梨「私は最初のころ殺陣と芝居を別々に考えていたけれど、殺陣はあくまでもお芝居の中の要素であり、感情を伴った上で殺陣を振るといいよと教わって、そこから向き合い方が変わりました。“何故この人は刀を振るんだろう?”“何故ここで殺し合いを始めるんだろう?”という芝居の部分と殺陣がぴたりとあった時は心が震えます」

――― みなさんそれぞれ新たなチャレンジに挑みますが、なかでも今回の舞台で一番の課題は何ですか?

高橋「初めてのチャレンジが多いので、それをいかにお客様に見せられるレベルまでにし、何を届けられるのか、というのが一番大事だと思っています。いい形でステージに立てるように頑張りたいし、みなさんの手を借りていろいろ学ばせてもらうつもりでいます」

白石「初めて経験することがたくさんあるし、もともと覚えが悪かったりと自分の中で不安があるので、人一倍努力していきたいです」


インタビュー写真

藍梨「私のチャレンジは、まずは制服を可愛く着られるようにすること(笑)。あと社会人になって高校時代の純粋さをどんどん失っているような気がするので、一生懸命夢を追いかけていたあの頃の自分を思い出して、心の中もリアルに役を作っていきたいです」

牧田「私はもともと沖田総司役が憧れであり目標で、たくさん想いが詰まった役なので、まずはいち役者としてきちんと芝居をするということが一番の課題です。沖田総司は剣舞で唯一女性が演じている男性役であり、初めて見たとき男の人にも負けないくらいカッコいいなと素直に感動したんです。沖田総司という人物自体いろいろな魅力に溢れた人間で、そこに剣舞ならではの演出で作られる沖田総司像が混ざりあい、私の中でとても大きな存在になっていました。だからこそ今私にできる最大限を演じていきたいと思います」

――― 最後に、読者にメッセージを御願いします。

藍梨「アリスインと剣舞のコラボというとなかなか想像がつかない部分もあると思うけど、みんなで力を合わせてチケット代以上のものを絶対にお返ししますし、絶対に損はさせません。構えず気軽に足を運んでいただけたら嬉しいです」

高橋「アリスインの可愛い女の子たちがカッコよくなったり、いつもカッコいい剣舞の方たちが可愛らしくいたりと、新たな発見がたくさんあると思うので、楽しみにしてもらえたらなって思います。もちろん私の新たな一面も見て欲しいです!」

牧田「今回はコラボということで、剣舞を知らないお客さま、アリスインを知らないお客さまも来ると思うけど、その方たちに“この子たちすごいことやってるな!”と思わせたいですね。全然違う団体だけど、圧倒的な熱量で、お客さまに“もう一回観たい!”と思ってもらえる舞台を作るのが目標です。一度足を運んだら絶対にハマるはず! 和洋折衷で本当に面白いエンターテインメントになっていると思うので、とにかく一度観に来てください!」

白石「女の子だけでどれだけカッコよくできるかが勝負だと思っています。それでいて女子高校生のシーンもあるので、カッコいいと可愛いの差も見せていけたらいいですね。アリスインと剣舞ではまた演技の仕方もだいぶ違うし、それぞれのファンの人たちにとってもいろいろ発見があると思います。みなさんぜひ観に来てください」



(取材・文:小野寺悦子 撮影:安藤史紘)


キメ画像2

PROFILE

白石まゆみ(しらいし・まゆみ)のプロフィール画像

● 白石まゆみ(しらいし・まゆみ)
東京都出身。アイドル活動を経て高校卒業後の現在はタレントとして活躍中。2019年『真約魔銃ドナ−』で舞台に進出し初主演を務め、新たな御船彼岸子を作り上げて好評を得る。FRIDAYデジタルの目覚まし美女図鑑ではグラビアにも挑戦している。

高橋紗妃(たかはし・さき)のプロフィール画像

● 高橋紗妃(たかはし・さき)
埼玉県出身。2013年『ノブナガ・ザ・フール』で舞台デビュー。その他の主な出演作に、舞台『ライブ・スペクタクルNARUTO -ナルト-』、『時空警察SIG-RAIDER』、『テイルズオブザステージ -ローレライの力を継ぐ者-』、『七色いんこ』、『BRAVE10〜燭〜』、映画『暗殺教室〜卒業編〜』などがある。

牧田咲也加(まきた・さやか)のプロフィール画像

● 牧田咲也加(まきた・さやか)
愛知県出身。9歳からフィギュアスケートを始め、西日本フィギュアスケート大会、インターハイなど数々の大会に出場。活動を続ける中で表現の世界に興味を持つ。高校卒業と同時にスケーターを引退し役者を志し上京。オーディションを経て『信長の野望-炎舞-』の出演をきっかけに剣舞プロジェクトに入団。

藍梨(あいり)のプロフィール画像

● 藍梨(あいり)
千葉県出身。桐朋学園芸術短期大学ミュージカルコース卒業後は舞台俳優としてプロデビュー。主な出演作品:『狂宴哀歌』ヒロイン 菊姫役、『新撰組伝〜あさぎ色の夢絵巻〜』山崎鏡夏役、『火男の火』ヒロイン 舞舞役、『時空捜査局ランティア』主演 アリエルランティア役、その他多数出演。

公演情報

「百花繚乱〜Break a leg!〜」のチラシ画像

剣舞アリス
百花繚乱〜Break a leg!〜


2020年3月11日 (水) 〜2020年3月15日 (日)
新宿村LIVE
HP:公演ホームページ

24名限定!A席5,500円 → 4,300円さらに200Pゲット!

詳細はこちら

「百花繚乱〜Break a leg!〜」のチラシ画像

剣舞アリス
百花繚乱〜Break a leg!〜


2020年3月11日 (水) 〜2020年3月15日 (日)
新宿村LIVE
HP:公演ホームページ

S席7,500円(最前5列)
A席5,500円(6列目以降)
(税込)

詳細はこちら