お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

PICKUP

佐藤智広・氏家 蓮・松岡佑季・中島礼貴


キメ画像1

美しき男達が、江戸時代と現代を結ぶ魅惑の架け橋を行き来する

禁断の“裏吉原”。男が男を売る倒錯の世界を舞台にした、幻想の物語

ケータイ小説を経て電子書籍やネットコラム等に活躍の幅を広げてきた作家、内藤みかの原作を2012年に初演。以降、朗読劇、コミック化を経て、昨年新たに音楽劇としてリニューアルし、大きな話題を振りまいた舞台が早速の再演。魅力溢れる男優陣が歌い踊る魅惑の舞台がさらに力をつけて築地ブディストホールに登場する。


インタビュー写真

――― すでに朗読や舞台の公演で人気のあった「男おいらん」ですが、昨年は音楽劇「男おいらん〜歌舞繚乱〜」としてリニューアルし、早くもその再演が決定。まずは、再演が決まったことを受けて、皆さんの今のお気持ちを教えてください。

佐藤「昨年12月の公演に出演した際は、とにかく集中力が必要で、とても消耗する役でした。すごく気持ちを入れて演じていましたね。大変だけど、終わってみると気持ちいい。またあの感覚になるのかなと思うと、嬉しい反面、改めて気合いが入るというか、そんな気分です。また、一度演じた役だからこそ、同じところに帰るのではなく、もっと掘り下げてみたいなあと思っています」

氏家「僕は率直に嬉しかったです。パンフレットのアンケートで「もう一度上演するなら何役をやりたいか?」という質問がありましたが、僕は柾木オンリーです。前回12月の公演が僕にとっては初主演だったんですが、キャスト数の多い座組の座長として、皆に支えられて勤めることができました。そうやって学んできたことを活かせれば良いなと思います」

インタビュー写真

中島「僕はきっと再演があると思っていました。ですが、また瑠衣役が出来るとは思っていなかったので、意外でしたね。お客様の評判が良かったかせいかも知れませんが、本当に嬉しいです。僕にとっては演じやすい役なので、今回もこの独特な世界観を皆さんにお届けしたいです」

松岡「僕は2年振りの参加になるのですが、嬉しかったですね。僕が以前参加した時は“音楽劇”ではなかったですし、ホストが出てくるという現代的な設定も絡んでいませんでした。だから新しくなった作品に参加できるのは嬉しいし、一方、前回公演で創り上げられた役を引き継ぐのはプレッシャーでもあります。以前出演したときとは全く異なる役柄ですから、また違った目線で参加することができるのも嬉しいですし、楽しみですね。」

――― この作品では、男が男を売る吉原の世界が描かれますが、主人公・柾木を演じる佐藤さん、氏家さんは、役作りの難しさを感じる部分はありましたか?

佐藤「男のままで男に好かれる役というのをどう表現したらいいのかはすごく考えましたね。身体を重ねるという表現も出てきますが、あまりに女性の要素を強くするのも違うし……バランスが難しいと思います」

インタビュー写真

氏家「現実世界での実体験はないので、その辺は調べるしかないですね。所作や立ち居振る舞いで男が出せる色気について研究が必要だと思ってます」

――― 現代のホスト・瑠衣を演じる中島さん、松岡さんは、役作りについて意識していることなどはありますか?

中島「瑠衣は典型的なホストなんですね。前回は3人ホスト役が居て、僕だけ極めてホストらしいキャタクターと格好でしたが、それがおいらんの世界に行くと着物を羽織るという、なかなか楽しい役でした。実は、ホスト役のメンバーで実際にホストクラブにも行ってみたんです。あの話術は凄いですね。おしゃべりで人を翻弄するというか。新鮮な驚きでした」

松岡「僕はあえて意識しないで挑もうと思っていますが、映像で前回の舞台を見せてもらって、瑠衣を筆頭にした3人のホストが、現代で女性を魅惑するだけでなく、男おいらんの世界では男も惚れさせるような部分がありました。だから男も惚れる色気についてはを考えていますね。僕はホストクラブに行ったことはないのですが……この機会に行ってみたい気もしますけれどね(笑)」

インタビュー写真

――― 最後に、読者へのメッセージをお願いします。

佐藤「一度観た方には、もちろん、もう一度あの世界に足を踏み入れて欲しいです。初めてご覧になる方には、正直、受け入れられる方とそうではない方がいると思いますが、まずは一度観にいらしてください!」

氏家「演じる役者は全員男です。だから熱量も高いです。佐藤さんも言ってくれましたが、受け入れられる、受け入れられないもあるかも知れませんが、そこはお客様次第です。ともかく僕達一人ひとりが届けたい世界観とメッセージはしっかりありますので、それを受け取って頂けたらと思います」

松岡「2年前に参加したときよりもさらにグレードアップした前作の「男おいらん」。それを崩さず、そしてさらにいい化学反応を起こせるように頑張りたいと思います! 是非会場に足を運んで下さい」

中島「独特な世界観ですが、音楽劇ということで歌もダンスもあるから、凄く解り易いと思います。ぜひ観に来て欲しいですね」

(取材・文&撮影:渡部晋也)

キメ画像2

PROFILE

佐藤智広(さとう・ともひろ)のプロフィール画像

● 佐藤智広(さとう・ともひろ)
岩手県出身。
2018年のミュージカル「忍たま乱太郎」の他、多数の舞台に出演し、その他映画やドラマにも出演。日本テレビ「PON!」ではお天気おにいさんとしても活躍する。コーヒー好きで自ら選んだ豆をハンドドリップで楽しんでいる。

氏家 蓮(うじいえ・れん)のプロフィール画像

● 氏家 蓮(うじいえ・れん)
北海道出身。
2017年から多数の舞台に出演し、2019年の音楽劇「男おいらん〜歌舞繚乱〜」柾木役で初主演。近年の出演作は「チェンジオブワールド」W主演・吉岡龍司役「湯もみガールズY」ゲスト主役・緒川翔役。ユニット『特撮Boyz(ボイズ)』として歌やダンス等パフォーマンスも披露している。

松岡佑季(まつおか・ゆうき)のプロフィール画像

● 松岡佑季(まつおか・ゆうき)
神奈川県出身。
14歳で芸能界デビュー。映画、ドラマ、CMなどに多数出演し、舞台では「テニスの王子様」「聖闘士星矢」にメインキャストとして出演。スタイルの良さを生かしモデルとしても活動。動画配信アプリ『TikTok』にて26万人を超えるフォロワーを有する。

中島礼貴(なかじま・れいき)のプロフィール画像

● 中島礼貴(なかじま・れいき)
長野県出身。
2.5次元からストレートな作品までさまざまな舞台を中心に活躍しているが、子どもの頃から野球に熱中するなどスポーツ全般を得意としている。さらに歌やダンスも得意で、定期的にイベントも開催している。パフォーマンスユニット『XLAMP』ではメインボーカルとしてライブにも出演する。

公演情報

「音楽劇「男おいらん〜歌舞繚乱〜」」のチラシ画像

株式会社FPアドバンス
音楽劇「男おいらん〜歌舞繚乱〜」


2020年5月27日 (水) 〜2020年6月1日 (月)
築地本願寺ブディストホール
HP:公演ホームページ

■ 前売券
S席9000円(前方指定席・特典付) A席前売6500円(指定席)
(税込)

詳細はこちら