お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

PICKUP 

東京シティ・バレエ団


キメ画像1

音楽を究極の身体表現で描き出す、名振付家ウヴェ・ショルツの世界

東京シティ・バレエ団の大人気レパートリー、新作を加えて待望の再演!

東京シティ・バレエ団は創立以来、古典バレエと新しい時代の作品を上演し、様々な芸術の可能性を提示してきた。そんな同バレエ団の中でも特に注目されているのが、ウヴェ・ショルツの作品上演だ。日本初演となる『Air!』(バッハの「管弦楽組曲第3番」による)を含むプログラムは更に注目を集めることだろう。今回は芸術監督の安達悦子、さらにメインダンサーの佐合萌香、中森理恵、清水愛恵の4名にお話を伺った。


インタビュー写真

“音楽的なバレエ団”にとの想いから始まったショルツ作品の上演


安達「私が東京シティ・バレエ団の芸術監督になるにあたって、このバレエ団を “音楽的なバレエ団にしたい”という強い想いがありました。世界に目を向けると、音楽と踊りが本当に一体になっていて、ダンサーの音の感じ方のセンスに驚かされることが多いのです。美しく踊る、演じることができるというだけではなく、音楽を踊りによって鮮やかに表現できるダンサーを育てたかったのです。そんなときにちょうどウヴェ・ショルツの作品に出会い、彼の作品を通して音楽を身体でどう表現するか、ということをダンサーたちが体現してくれるようになりました」

インタビュー写真

――― 東京シティ・バレエ団の代表作となったショルツ作品はなぜここまで多くの人を魅了するのだろう。


安達「ショルツは音楽を踊りへと翻訳することに非常に長けた人です。実際、音楽家の方が彼の作品を見ると音符が見えるようだと仰いますね。その調和の素晴らしさが多くの人の心を掴むのではないでしょうか」

清水「例えば、私たちが初めて踊った『交響曲第7番』は、メインダンサーが主旋律、その他のダンサーが伴奏音型やハーモニーを担当するものでした。オーケストラの音そのものがダンサーたちによって視覚的に明確に表現されているのです」


インタビュー写真

ショルツ作品によって進化し続ける東京シティ・バレエ団

――― ショルツ作品を上演したのは2013年のこと。その時の作品はベートーヴェンの『交響曲第7番』だ。規模が大きく、音楽的にも様々な要素が詰め込まれたこの楽曲は、ダンサーたちに様々な課題と発見を与えたという。

中森「振付をしてくださったジョヴァンニ・ディ・パルマさんからは音楽の大切さを教わり、踊りに対する考え方が変わりました。それまでは “足をもっと高く”などカウントに合わせてどう身体を動かすか……ということに意識がいっていたのですが、音楽に身を委ねることで、自然と理想的な身体の動きになることに気が付きました。」

佐合「ショルツ作品はもちろんですが、彼の作品での経験は、古典や他の作品を踊る上でも活かせるようになりました。“作者はこの音で何を表現しているのだろう”と常に考えるようになりました。踊りに音楽がインスピレーションを与えてくれるような感覚ですね」

安達「実際にショルツ作品を踊るようになってから、ダンサーたちの踊りから音楽との一体感が強く感じられるようになりました。音楽と振付が非常に密接なぶん、非常に踊るのが難しい部分もたくさんありますが、ダンサーたちは常に作品と向き合い成長し続けています。そして同時にショルツの作品は、私たちにとってかけがえのない作品になっているのです」


インタビュー写真

今回上演される3つの作品の魅力と意気込み

――― 今回上演される中で唯一の再演となる『Octet』(メンデルスゾーンの「弦楽八重奏曲」による)は、愛情や友情が描き出された喜びに溢れる作品である。

安達「チューリッヒのバレエダンサー、ウラジミール・デレビヤンコのために振り付けられたものです。明確な筋はありませんが、人間同士の関わり合いの中で生まれる感情が丁寧に描き出されており、ダンサーの感情が出しやすい作品ですね」

――― 日本初演となる『Air!』はショルツ作品で一番早く初演されたもの(1982年)で、『第7番』や『Octet』よりもさらに音を忠実に踊りで表現しようとする、実験的な意図が見られる作品である。

安達「ベートーヴェンやメンデルスゾーンとはまた違う美しさがあり、ピュアな魅力があります。これまでとはまた違う作品を演じることで、また彼に近づけるのではないかなと思っています」

――― バレエ団にとっての初演となる『天地創造』は、ハイドンの同名のオラトリオ全曲に振付された作品。今回はその中から『パ・ド・ドゥ』を抜粋して上演する。

佐合「これまでのショルツの作品では、純粋に音楽と向き合い踊ってきましたが、今回の『パ・ド・ドゥ』は物語性のあるものを演じることになるので、とても新鮮です。アダムとイヴの夫婦になった喜びをどのように表現していけるか、今からとても楽しみですね」

――― 東京シティ・バレエ団にとっては久しぶりの主催公演となる『ウヴェ・ショルツ・セレクションII』。音楽と舞踊の一体化した華麗なる芸術世界を存分に味わってほしい。


(取材・文:長井進之介 撮影:友澤綾乃)

キメ画像2

PROFILE

安達悦子(あだち・えつこ)のプロフィール画像

● 安達悦子(あだち・えつこ)
松山バレエ団にて松山樹子、森下洋子、清水哲太郎に師事。
79年第1回アメリカジャクソン国際コンクール銅メダルを受賞し、文化庁芸術家在外研修員として2年間モナコに留学、マリア・ベゾブラゾヴァの指導を受ける。86年東京シティ・バレエ団入団。プリマとして多くの作品に主演し、オペラの振付なども手がける。09年4月より同バレエ団理事長及び芸術監督就任。バレエコンクールの審査員や解説も務め、献身的なバレエ教育を行なっている。第38回橘秋子特別賞、他受賞歴多数。

佐合萌香(さごう・もえか)のプロフィール画像

● 佐合萌香(さごう・もえか)
5歳より市川せつ子バレエ団にてバレエを始める。市川せつ子、近江貞美、望月礼子に師事。2004年、昭和音楽芸術学院入学。カルロス・ヴァルカールセル、新井咲子、小山久美に師事。卒業後、スターダンサーズ・バレエ団入団。2007年、東京シティ・バレエ団に移籍。数多くの作品で重要な役を演じ、レオ・ムジック氏振付『crash the lily』(世界初演)パ・ド・ドゥ、『ベートーヴェン交響楽第7番』ソリスト等、多くの作品に出演。2014年、韓国スターガラ公演(釜山)に出演。平成26年度新進芸術家海外研修員として、韓国ユニバーサル・バレエにて研修。

中森理恵(なかもり・りえ)のプロフィール画像

● 中森理恵(なかもり・りえ)
SAYAMA CITY BALLET ACADEMYにて吉沢真知子に師事。
8歳でCHICAGO SALT LAKE BALLETに1年間入所、09年第12回NBA全国バレエコンクール高校生部門第2位の1、NBAスカラシップ賞を受賞しモナコ王立グレースバレエ学校へ留学。同年東京シティ・バレエ団入団。『コッペリア』スワニルダ役で初主演を果たし、続けて数多くの作品で重要な役を演じる。14年『ロミオとジュリエット』でグランドバレエ初主演を飾り、以降『白鳥の湖』、『眠れる森の美女』など主要な作品で主演を重ねている。

清水愛恵(しみず・まなえ)のプロフィール画像

● 清水愛恵(しみず・まなえ)
2009年入団。ティアラジュニアバレエ教室にて石井清子、安達悦子、山口智子らに師事。入団以降は2010サイトウ・キネン・フェスティバル オペラ『サロメ』、神奈川県立音楽堂オペラ『アーサー王』などのオペラ公演や『白鳥の湖』、『ジゼル』、『ロミオとジュリエット』、『カルメン』、『コッペリア』に出演し、『真夏の夜の夢』で妖精のソリストを務める。以降『コッペリア』、『くるみ割り人形』、『ロミオとジュリエット』に主演のほか、『ベートーヴェン交響曲第7番』、『Octet』にてソリストをつとめ好評を得る。

公演情報

「ウヴェ・ショルツ・セレクションII」のチラシ画像

東京シティ・バレエ団
ウヴェ・ショルツ・セレクションII


2021年1月23日 (土) 〜2021年1月24日 (日)
ティアラこうとう 大ホール
HP:公演ホームページ

22名限定!S席6,000円 → 4,800円さらに1000Pゲット!(1/14 19時20分更新)

詳細はこちら