お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

PICKUP

室 将也・西川音央


キメ画像1

主人公は肥満児!? 不遇だった兄が弟の出現で人生に目覚める

親バカな兄と幼い弟の領地経営ファンタジー!

第7回ネット小説大賞を受賞した、やしろ原作の人気小説『白豚貴族ですが前世の記憶が生えたのでひよこな弟育てます』(TOブックス刊)が早くも舞台化決定! 成り行きで弟を育てることになった兄が奮起し、やがて大きく世界を変えていく、ほんわか成長物語。3月にはコミックス第1巻発売も決定している注目の本作。ビジュアル撮影中だった主演/伯爵家長男・鳳蝶(あげは)役の室将也と、弟・レグルス役の西川音央に話を聞いた。


インタビュー写真

プライベートで末っ子が兄役、長男が弟役に!

 物語は、腐敗した大国・麒凰(きおう)が舞台。主人公は不仲な両親に見放された肥満児(五歳)で伯爵家の長男・鳳蝶(あげは)。ある日、彼に生えたのは日本人としての前世の記憶。「裁縫と料理」が得意なオトメンに。そんな時、腹違いの弟・レグルスに出逢い、成長した彼に爵位継承権を巡り殺されると知ってしまう。未来を受け入れた鳳蝶は、実母を亡くした幼い弟を放ってもおけず育てることに。純真無垢なレグルスに懐かれ、気づけばすっかり親(兄)バカに! 少しでも豊かな地を譲り渡すため、時に神々をも巻き込みながら、一歩一歩改革を進めていくのだった。

―――ビジュアル撮影はいかがでしたか? ポージングなどはうまくいきましたか?

室「はい、うまくできたんじゃないかな。可愛くなっていると思います。衣装は原作に忠実に再現されていて本当に可愛らしくて、原作ファンの皆様にも気に入っていただけるんじゃないかなぁ」

西川「僕は初めて自分以外のキャラクターの撮影に挑みまして、とても緊張しました。色々ポージングを相談しながらやっているうちに緊張もほぐれてきて楽しく撮影できましたね。普段は可愛いさを出して撮ることがないので、こんなにカワイイを出したのは初めてかもしれません」

―――そのカワイイとはどんな風に?

西川「とにかくカワイイ弟!!を表現しまして、お兄ちゃんにひっついたり、新鮮な感じでした」

室「もうアイドル雑誌かなっていうくらいくっついたり、抱き合ったりね! ラブラブしました」

―――キャラクターについて色々考えたと思いますが、何を意識して演じようと?

室「このタイプの役は初めて演じるので楽しみです。鳳蝶の背景は複雑で、色々残念なんですよね。だからこそレグルスの存在が大切になっていく。僕はこの身なりなので格好つけてもしょうがないので、自分的に一皮も二皮もむけるような新しい僕をお見せできるのではないかなと思います。頑張ります!」

西川「弟のレグルスは自由なんです。その無邪気なところを意識して演じたいと思います」

インタビュー写真

―――室さんはTwitterでご両親からこの役はぴったりだとコメントされたと書かれていました。どのあたりが共通点なのでしょう?

室「僕は家族の中では結構わがままボディな方でして(笑)。痩せなさいってよく言われるんです。肥満役をやると伝えたら『めちゃめちゃぴったりやん』と笑われて。喜んでいいのか悲しんでいいのか複雑な状況でしたが、そんな母のためにも頑張りたいと思います」

―――室さんは男の兄弟がいらっしゃいますが、弟の立場から兄の立場になりますね。


室「弟や妹が欲しいと思ったことはあります。でも弟の方が楽かもしれないですね」

―――こんな兄が欲しかったなど理想の兄像はありますか?

室「今の兄貴たちが一番だと思っていますよ。小学校の時、上級生に泣かされた事があって兄ちゃんが駆けつけてくれて、自分より年上の上級生たちに『俺の弟を泣かせたのは誰や!』と、怒ってくれたことはありましたね。そういう時はやっぱり兄貴だなって思いますよね。そんな頼もしい兄貴が理想ですね」

―――兄弟のエピソードを生かせそうですね。西川さんは?

西川「僕も四人兄弟で長男なんですけど、初めて会う人には弟っぽいってよく言われます。兄弟は友達のように本当に仲が良くて、僕が前に出る感じでもなくて。長男っぽいことをした記憶もあまりないかも。年上の方に甘えたりすることも好きなので、それを生かしてしっかり弟感を出していけたらと思います」

室「弟たちには何て呼ばれているの?」

西川「ネオで呼び捨てですね」

室「そうなんだ! 確かにウチもはじめそうだったかも。名前で呼んでたけど、成長したらお兄ちゃんと、オニイになりましたね」

―――では弟の役作りは心配無さそうですね。

インタビュー写真

西川「はい頑張ります!」

ホットケーキを週3回!?

―――初めての共演ですが、お互い距離の縮め方は?

室「そうですね、あーんみたいな食べさせ合いからはじめて、一緒にお風呂に入って、兄弟愛を深めたいと思います(爆笑)。なかなか今はこういうご時世なのでご飯に行ったりは出来ませんが、兄弟役なのでそういう機会を作っていきたいし、もっと色々知りたいなって思うので、稽古場でもできるだけ一緒にいる時間を長くしたいとは思いますね」

西川「はい、なるべく行動を共にしていきたいです。僕は初めての舞台なので、分からないことをいっぱい教えてもらいたいですし聞きたいですね」

―――主人公はお裁縫やお料理が好きなオトメンです。オトメンにちなんで、ご自分のオトメン要素を教えてください。

室「僕はホットケーキが大好きです! 週3〜4くらいは喫茶店で食うてるんじゃないです? すごく美味しいお店がありまして通っていますね。これはオトメンじゃないですか?」

―――それは将来危険な香りが……

室「あ!(お腹を触りながら)こうなりますね、やめましょう! やめます!(全員爆笑)
確かに週3はあかんな……でも今は役作りということで、舞台で消化します!」

西川「僕はすごく爪が好きで、子供の頃から爪を磨いてピカピカにしています。マニキュアやクリームを塗るのではなくて、爪磨き派です。」

室「ホントだ! ピカピカだ!」

西川「爪を伸ばすのでもなくピカピカにしていて、これはオトメンの要素かもしれません」

優しいカンパニーをつくっていきたい

―――脚本は『隙間の棲人―異説・播州皿屋敷』で、第5回角川文庫キャラクター小説大賞“優秀賞”を受賞した沙川りさが担い、演出にはドラマや映画で活躍している黒田勇樹が手掛ける。全員で踊るレビューなども予定させているという。

室「僕は黒田さんが出演していたドラマ『人間失格』を拝見していたので、TVに出ていた人だ〜本物だ〜と。ご一緒できて嬉しいです」

インタビュー写真

西川「ご挨拶しましたが優しくお声をかけていただきました」

―――稽古はスパルタとソフト、どちらがお好みですか?

室「僕はソフトがいいですね」

西川「僕もソフト希望です!」

室「優しいカンパニーを作っていきたいですね。僕は引っ張っていくタイプではなくて、みんなに引っ張ってもらうタイプ。以前主演をやった時もみんなに引っ張ってもらって、みんなに助けてもらっていいものを作っていくというスタイルでやっていきたいと思います」

―――舞台では原作の年齢(5歳)そのままで描いていくそうですね。これから発表される他のキャストも楽しみにしております。今わかる見どころを教えてください。

西川「今回、ダンスがあると聞きました。みんなでレビューをするらしいです」

室「この身体で踊るの?(笑) 実は原作では少しづつ痩せていくんですよね。それは見られるのかな? この鳳蝶がどう成長していくのか、そこが見どころだと思います。演じたことのない役を演じることが一番楽しみですね」

西川「初舞台になりますのですべてが見どころで楽しみです」

室「兄弟で頑張りましょう!」

西川「お兄ちゃんにいっぱい甘えて教えてもらいます!」

―――最後にメッセージをお願いします

西川「大変な時期ではありますが、みんなで力を合わせて最高の作品をお届けしたいと思っています」

室「原作は多くの方に愛されている作品です。原作ファンの方も観に来てくれると思うので、舞台版も楽しかったと思ってもらえるように、また初めて舞台から原作に触れた方が『この先が気になる』と思ってもらえるような作品ができたら僕たちは最高に嬉しいです。そうできるようにみんなで協力していけたら。次に繋がるような舞台にしたいと思います。ぜひいらしてください」


(取材・文&撮影:谷中理音)

キメ画像2

PROFILE

室 将也(むろ・まさや)のプロフィール画像

● 室 将也(むろ・まさや)
1994年2月19日生まれ、京都府出身。 俳優、モデルなどで活躍中。近作に舞台『勇者セイヤンの物語』、朗読劇『WISH〜奇跡を願う甘い夜〜』などがある。

西川音央(にしかわ・ねお)のプロフィール画像

● 西川音央(にしかわ・ねお)
1995年5月10日生まれ、兵庫県出身。 ダンス&ボーカルユニットとして活動後、現在は9人組アイドルグループCrimson Crat Clan(通称CCC)のネオ・C・バーグレイヴとしてLIVEなどで活動中。 Crimson Crat Clan単独公演Masquerade Party vol.6@方南町Mboxxにて開催。 詳細はCCC公式Twitter@CrimsonCratClanをご確認ください!

● 『白豚貴族ですが前世の記憶が生えたのでひよこな弟育てます』
西洋と中華の文化が入り混じる異世界を舞台に、幼い兄弟が荒れた領地を建て直していく大人気ファンタジー小説シリーズ。2019年に日本最大級の小説コンテストである「第7回ネット小説大賞」を受賞し、2020年1月に第1巻がTOブックスにより書籍化、現在第4巻まで刊行中。同年8月より、コミカライズもWEBにて連載が開始され、この3月にはコミックス第1巻発売。厳しい境遇の中で描かれるほのぼのとした兄弟の絆が更なる人気を呼んでいる。

公演情報

舞台 白豚貴族ですが前世の記憶が 生えたのでひよこな弟育てます

日:2021年3月24日(水)〜28日(日)
場:新宿村LIVE
HP:公演ホームページ 
14名限定!A席6,500円 → 5,300円さらに300Pゲット!